stargazer

読書好きな学生のひとりごと/全然関係ないこともよくあります

ありがとう、『リバース』と『小さな巨人』

なかなか最近疲れてしまってブログが書けていないのですが、

これだけは伝わればいいなと思いまして。

 

2017年4月期のドラマ『リバース』と『小さな巨人』のキャスト・スタッフのみなさんに、「本当にありがとうございました」と。

 

私はこの4月から新入社員として働きはじめ、

慣れない仕事と環境に緊張・苦悩しながら日々を送っていました。

 

家に帰れば家族がいるので、家族に色々話すことでストレス発散にもなっていたのですが、上記2つのドラマには、本当に救われていました。

 

 

まず、『リバース』。

毎回がドキドキの展開でした。原作は読んだことがなかったので、まったく分からないまま見ていましたが、回を追うごとに次の放送日が待ちきれなくなっていました。

素晴らしい役者さんの演技で、それぞれの登場人物の感情がよく伝わってきました。

金曜日を楽しみに、お仕事頑張れました。

リバースは、お仕事ドラマではないから直接悩みの解決につながったわけではありませんが、少しでも仕事のことを忘れ、「楽しい」「わくわくする」と思える時間を過ごせました。

物語に入りこめたからこそ、だと思います。

私の心を軽くしてくださって、本当にありがとうございました。

キャスト・スタッフのみなさんに、心からありがとうと伝えたいです。

 

 

 

そして、次に『小さな巨人』です。

大好きな岡田将生くんが出演するからという理由で一話を見てみたらドハマりしました。

私は警察官ではないし、自分の職場がこのドラマに似ているというわけでもありません。

でも、ずっと長谷川さん演じる香坂をはじめとする、”正義”を追い求める登場人物たちに勇気をもらっていました。

会社に入る前、社会に出る前まではわからなかった不条理が、この世にはたくさんあるのだということを4月の入社以来目の当たりにし、正直よくわからなくなっていた時期に、このドラマに出会えたことは、本当に良かったと思っています。

戦い続ける、というのは本当に難しいし、戦ったからといって必ず勝利があるわけでもないけれど、それでも信じることを貫きたいと思わせてくれました。

本当に、ありがとうございました。

素晴らしい演技に、ほれぼれしていました。

 

 

ありがとうございました。

この気持ちが、少しでもドラマを作ってくださった方々に届くといいなと思いながら。

私は血の滲む努力をしているか

f:id:hellosleepy:20170611065432p:plain

 

いつも力をくれる辻仁成さんのツイートより。

私は血の滲むような努力をしているだろうか。

どうしても叶えたい夢に向かって、努力していると言い切れるだろうか。

不満をぶちまけてもいいですか?

●自分へ

・何で大学卒業して海外という選択肢を真剣に考えなかったのか。

・海外に行きたい子ともっとゆっくり話さなかったのか。

・いつまで親と世間を気にするのか

・いつまで易きに流されるのか

 

●職場のクソ女

・嫌いなら関わらないでください。

・あなたの辞書に”感じの良い”という言葉はないんですね。

・おばさんが若い男に媚びるのは見ていて痛いのでやめた方がよいです。

・結婚していないけれど強がって「彼が~~」というのは気持ち悪いです。

・あなたと知り合って2か月弱ですが結婚できない理由がすでにいくつも見つかっています。

・若い男の恋愛事情ばかり気にするのは気持ち悪いです。

・一日の大半をネットサーフィンしてるの周囲のみんな知ってます。

・面倒な仕事、時間のかかる仕事を私に押し付けて自分は”手伝える”メールを送って気づかいできるアピールはしないでください。最悪です。

 

 

●Bさん

・休日の私の時間を奪っているという自覚を持ってください。

・ネットがうまく使えないからといって何でも頼らないでください。

・いいかげん”昔の基準”を持ち出すのはやめてください。

・理想像をおしつけないでください。

 

 

●Rさん

・食べ方が汚すぎます。

・一度言ったら直してください。

・もっと自分を客観的に見てください。

 

 

 

 

とにかくすべてが嫌で嫌で仕方ない。

死にたいとしか考えられない。

何かでぱっと消えてなくなりたい。

私の一日

【私の一日】

 

 

・6時起床、朝ごはん、身支度、新聞

・7時会社へ向かう

・17時会社を出る

・19時夜ごはん、お風呂

・20時恋人とスカイプ

・21時勉強、筋トレ、読書

・22時30分就寝。

 

 

 

最高。

❁おすすめの海外文学❁

私はとっても海外文学(小説?)が好きなのですが、

独断と偏見でおすすめを列挙したいと思います。

 

はじめに述べますが、恐らくイギリスに偏っております…。

また、この順番はおすすめ順、というわけではございません。

ちなみに、大好きなアガサクリスティーはそれだけでブログ記事を書きたいので今回は省略で( ^ω^)・・・

悪しからず。

 

 

 

 

 

本の虫の私にとっては、こうして文字に起こすだけでも癒される。

あ~読書って最高だな~。

 

働いて1か月、わかったこと

  • 30代後半の未婚のおつぼね様、最も怖い。

 

【読了】『二都物語』C.ディケンズ

 

 

ディケンズは『クリスマスキャロル』を読んで好きだったのですが、

今回『二都物語』を読んでさらに好きになりました。

 

 

昨年デュマ・フィスの『椿姫』ですごく久しぶりに小説で涙したのですが、

二都物語でもちょっと泣きそうになってしまいました。

 

 

以下ネタバレを含む感想ですので、まだの方はお読みにならないことをお勧めします。

 

 

 

 

シドニーカートンほんと泣かせるよ…。自分が馬車に戻ってきたら~~みたいなくだりで嫌な予感はしていたけれど、まさか身代わりになるなんて。

・一部、二部はちょっと物語に入っていくのが難しかったです。でも三部は圧巻。読む手が止まりませんでした。本当にドラマチック。

・作品の中ではドファルジュ夫人は嫌な役だけれど、時代の被害者であることもまた事実。

・なんかフランス革命期ってやっぱりすごいな…。

・登場人物すべてを救いたいのにそれはできない虚しさ、がね。

・人の面白さ、人間関係の奥深さ。

 

 

 

 

大いなる遺産を借りているので、早く読みたいな~と思っています♪