stargazer

読書好きな社会人のひとりごと/全然関係のないことも

春休みはお金を貯めるぞ!

大学4年で本来ならば海外にバンバン卒業旅行で行きたいところなのですが、

旅行できるほどの仲の良い友人がいない+仲がいい友人はお金がネックになってキャンセル=国内に2~3回の旅行の予定になりました。

 

2~3回旅行に行くからといって、やはりそれが国内だと、

あんまり大きな出費ではないのですよね。海外と比べると。

 

 

私はちょっとその卒業旅行関係で悔しい思いをしたので、

貯金が0というわけでもないけれど春休みはたくさん働くことに決めました。

 

 

2か月でどれくらいいけるかな。

働き出す前に振り返ってみよう。

 

 

苦行は残すところあと2つ。

それが終わったら本格的にアルバイトにいそしみます。

 

 

ちょっと見返したい人がいるのでね。

絶対絶対自分で自分の人生を幸せにする。

幸せを習慣にする。

胸を張って生きていきたい、私は私だ。

大学4年が終わろうとしている。

もう3か月もすれば働いているでしょう。

 

 

憧れに憧れた大学に入学できたはいいものの、

周りとの地頭の差や洞察力の鋭さに圧倒されっぱなしの4年間だったと思う。

 

 

自分はチキンだった。

「しっかりしている」「ちゃんとしている」「まじめ」

そんなことを言われたけれども、本当は怖くてしかたなかったから、

怯えながらいろんなことをとにかく無事にこなすことばかり考えていた。

 

 

もう、いいかげん「自分」を持とう。

何を言われたっていい。自分は自分だ。

入学したてのころは、周りを歩く大人が大きく見えた大きな駅も、

今は少し余裕を持って歩けるようになったじゃないか。

 

 

自分で自分を認めていこう。

家族にも恋人にも友人にも恵まれた大学生活だったけれど、

良い意味で、「100%自分と同じ人はいない」ということを学べた。

だから、私は私、と胸を張って生きていきたい。

 

 

 

【読了】ブラックウッド『人間和声』

ブラックウッド『人間和声』を読み終えました。

 

う~~~ん、難しかった……。

どうも私には理解ができなかったようです。

 

スピンロビンとミリアムの愛にはいいなあと思えた部分もあったのですが、

やっぱりよくわからなかった…。

 

もっと大人になったら良さがわかるようになっているのでしょうか。

 

解説もブラックウッドのほかの作品はよくわかったのですが、

肝心の本作についてはあまり触れられておらず…。

 

 

これからブクログやbookmeterを見に行ってみて、

そこでみなさんの感想を楽しみたいと思います。

そこで「ああ、この部分はこういうことだったのね」と

納得することも多いものですから。

 

 

次は何を読もう。

おもしろい作家さんを発見した

久しぶりに本のはなし。

 

最近珍しく実用書?ばかり読んでいて、

今日今年になって初めて小説を読了しました。

サーバー作『傍迷惑な人々』です。

 

 

サーバーって知らなかったのですが、すごく面白いですね。

なんというか、ゆるいけれど鋭い観察眼があって。

客観的に描いているようでとても細かい。

 

 

アメリカの昔の作家さんはどうも合わないな~と思うことが多かったのですが、

サーバーはとても自分にあっているような気がしました。

 

 

ほかにも探してみよう。

悲しいときは映画や本で時間の流れるのを待つ

なんというか最近は友人や恋人に期待を裏切られることがあり、(お金の問題なのだけど。もちろん貸し借りについてではなく)もう惨めな気分になっている。

 

 

「お金がないから○○できない」

「もっとお金を貯めたい」

「お金をかけることが楽しむための唯一の方法じゃない」

等々

 

 

こんなことばかり浴びせられ、

「お金は人生を楽しむために使うものだ(もちろん緊急時の貯金はありつつ)」

と父に幼少の頃から言われて育った身としてはとても悲しい。

 

 

まあ人のお金の使い方やお金への考えに口を出すつもりはないけれど、

「○○しない?」とせっかく楽しい提案をしているのに

「お金がない」で済まされるととても悲しい。

 

 

でもきっと本当に”一銭もない”状態ではなく、

私がその”お金”を払ってまで一緒に何かをしたいとその人たちから思われる存在ではないんでしょう。

 

 

そう思うと、もっと悲しくなる。

 

 

 

 

そんな時は映画や本を読んで、無になろう。

邦画や実用書だと現実のことをすぐ考えてしまうから、

洋画や小説にしておきます。

 

 

とにかく時間が早く経ちますように。

メルカリ始めてみた!

今更感が強いですが、メルカリを数日前から始めてみました!

 

出品数はまだ一桁台ですが、3点売れてます~

ざっくりと、洋服・英語の参考書・就活本、です。

 

売るときに初心者ながら気を付けたことは、

①指南ブログを読み漁る

私はメルカリを始めたのが遅く、ネット上には先駆者たちの教えがたくさんありました。売るコツや文章の書き方、発送方法などなど。始める前にいろいろと読んで勉強しました。もちろん「習うより慣れよ」な面も大きいですが。

 

②出品のタイミングと価格

とにかく断捨離のために始めたのですが、何でもかんでも出せば売れるというものでもないんですよね。今私のような大学生であれば就活グッズの動きがあると思いますし、参考書系も売れていると感じます。単純ですが洋服なら少し先の季節のものがあるといいですよね。価格も初めは高すぎないようにしました。私は少額でも売って物を整理したかったので。競合他さんの価格も見ながら外れすぎないように気を付けました。

 

③商品説明を丁寧に

これいろんな商品を見ていれば気づくのですが、結構みなさん商品説明が雑なんですよね。初心者が失礼なことを言ってすみません。私はコメントでのやりとりが苦手というネットでも相変わらずの人見知りを発揮するので商品説明を細かく書いていますが、結果として信頼感が上がっている気がします。なんとなくですが、その物も丁寧に扱われている感じがしませんか?とくに洋服なんかは数字できちんとサイズを明記することが重要かなと思います。トラブルを防ぐためにも。

 

 

以上自分のメルカリで気を付けたこと、でした。

 

 

 

最後にざっくりと

《所感》

・とにかく出品数が多い~どんどん更新されていく

みなさん結構文章とか適当?

・梱包するの好きだから楽しい

・お金入ると嬉しい

・評価みるの怖い、でも今のところ全部◎

・なんでも出品してる

・らくらくメルカリ便最高。匿名が私には第一の優先事項

・メルカリ本社行ってお話聞きたい

・丁寧なユーザーを集めたワンランク上の取引サービスがあったらいいのに

・ヤマトさんご苦労様です

 

 

 

 

これからもゆるーく出品し楽しんでいきたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこれからメルカリを始めてみようかな、という方がいましたらぜひご登録の際に

招待コード「WGYAVP」を入れてみてください^^

300円分のポイントがあなたとわたしに入ります(^^)♡

なお、こちらはどなたがコードを入力したかはわからないようになっています。

最近言われたこと

記憶がなくならないうちに。

 

・「スヌーピーにいそう」

・「まだ高校生でもいける」→垢ぬけてないということよね

・「変わらない」

・「箱入り」

 

 

特に一番上がお気に入り。

でもね3連休いろんな人に会って、自分の変わっていなさにがっかりしたよ。

外も中も。

 

自分はこの4年間何をした?

どんな意味があった?

もちろん大好きな人と知り合えたのはこの大学に入らなければ起こらなかったし、

たくさんのことを学んだし高校生のころとは読む本の種類も冊数も違うけれど。

 

 

自分に自信がないことの表れなんでしょうね。

もっと自分を追い込んで、必死になれることをみつけなければ。

 

今はとりあえず英語かな。