読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stargazer

読書好きな学生のひとりごと/全然関係ないこともよくあります

【読了】『マン島の黄金』アガサ・クリスティ

今回は短編を読みました。

 

収められている作品は、

夢の家、名演技、崖っぷち、クリスマスの冒険、孤独な神様、マン島の黄金、壁の中、バグダッドの大櫃の謎、光が消えぬかぎり、クィン氏のティ・ーセット、白木蓮の花、愛犬の死

 

です。

 

 

私が特に好きだったのは、クリスマスの冒険、バグダッドの大櫃の謎、名演技、白木蓮の花、あたりですかね。どれも面白いのですが、やっぱりポアロが出てくる2作品は好きにならずにいられませんでした。

 

以前読んだ短編の中にあった、検察側の証人や青い壺の謎、を読んですごいなあ~と思ったときと同じように、今回も少ないページ数ながらあっと驚かせてくれました。特に『バグダッドの~~』は結構本格派なんじゃないかなと思います!

 

 

あとは結構三角関係もの?が多くてそれはそれで興味深かったです。いつもクリスティを読んで思うけれど、人物描写がすばらしいですよね。そして会話もセンスが光る。

 

今回も引き込まれてしまいました。

ぜひ読んでみてください。

 

 

ちなみに本日、集英社、新潮社、角川の三社が出している夏に読む本?のブックレットを書店でゲットしてきました!海外小説が少ないのが悲しいけれど、載っていた作品を手に取ってみようと思います。