読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stargazer

読書好きな学生のひとりごと/全然関係ないこともよくあります

恋人から学んだこと

恋愛

 私の恋人は日本人ではありません(どういう書き方がベターなのかよくわかりませんが…)。

 

年の差はなく、日本と近い価値観もあるといわれる国の出身ですが、楽しく過ごせています。

 

今日はのろけでも、外国人男性の素晴らしさを書くでもありません。よく国際恋愛系の記事で「日本人男性より外国人男性は~~~」なるものが多くありますが、まとめて述べるのは傾向としてはありかもしれないけど決めつけはよくないと思うので。それに、どの国の人だって自分と合う人・合わない人、好きな人・苦手な人はいると思いますので…。

 

一個人として気づいたことを書いてみたいと思います。

 

「何かを与えられたら、自分は相手に何を与えられるかを考える」

 

ということです。

ここでの「与える」は単にモノだけを指すのではなく、愛でも思いやりでも時間でも。

 

ギブ&テイク、という言葉が相応しいのか微妙ですが、やっぱり与えられることにだけ意識がいってしまっては少し虚しいかな、と。人からしてもらったことで自分の価値は決まらないと思うし…。

 

 

ただ、いつもこんなことを考えていてもあれなので、「ありがたい」という気持ちを持てるだけでも違うのかなと思います。

 

 

なんか自分でも何を言いたいのかわからなくなっちゃいました。