stargazer

読書好きな社会人のひとりごと/全然関係のないことも

苦手なタイプの友人

また苦手な人の話かよ、と思われた方も多いと思います。すみません。ここくらいにしか書けず・・・。

 

今日は友人の話。この前の先生の話と合わせるとだいたい私がどんな人間で、どんな人を避けたいと思っているのかがわかりそう。誰得ですが・・・。

 

 

①ハーソナルスペースに入り込む

→私どうも人が自分の近くに来すぎるのがどうも苦手なんです。彼はもちろん別なんですが。

 

②話を聞かない

→最後まで聞いてほしい。すぐ自分の話題にする。もう一緒に話したくないな、と思ってしまいます。

 

③のろけばかり

→恋人の話をするのは全然いいんですが、口を開けばそれ、というのは耐えられない。付き合ってすぐならまだしも、ずーっと、は辛いです。その気持ち、恋人に向けてください。

 

④やたら触る

→これ①と似てるんですが、手とか肩とか腕とか同性でも触られるのはあんまり好きじゃないんですよね。冷たいなこいつ、と思われた方、その通りです。本当に心許せる友人で、なんとか、くらいです。

 

⑤声が大きい

→もちろん会話不能くらいの小ささはそれはそれで問題だと思いますが、大き過ぎるのって品がないですよね。子供じゃあるまいし。電車とかで声の大きい友人に会った時はもう大変。話さないわけにもいかず話すのですが、どうせいろんな人に聞かれるなら教養のある話をしたいわけですが、だいたいそういう場合、そうじゃないんですよね。

 

 

こんな感じです。

愚痴の吐き出しになっちゃった。すみません。