stargazer

読書好きな学生のひとりごと/全然関係ないこともよくあります

【読了】『三幕の殺人』アガサ・クリスティ

久しぶりに本の感想を。

とはいえまたクリスティなのですが…。

 

 

期待値があまり高くなかった本作ですが(失礼)、じわじわと面白く感じられ、ポアロもやっぱりかっこよかったです。複数の事件が起きたとき、人はどう考えるかというのが一つの鍵だと思います。ネタバレではない…はず。

 

 

ところどころヒントというか、「あれ?」と思うところはあったので、紙にでも書き出しておけば良かったかなと。何によって殺されてしまったか、は明らかなのですが、それをどうやって、そしてその動機は?という点が面白いと思います。怪しいと思っていた人がそうでもなかったり、今回もクリスティに振り回されましたが、読後はすっきりです。個人的には、サタースウェイトとポアロの会話が落ち着いていて好きでした。

 

解説で田村さんがこの作品がクリスティのターニングポイントだったのでは、と語っていらっしゃったのも印象的でした。最後に作品の年代順のリストが載っていますが、本作の前後でどう変化があったのか、を考えるのもまた楽しみの一つになりそうです。