stargazer

読書好きな学生のひとりごと/全然関係ないこともよくあります

ありがとう、『リバース』と『小さな巨人』

なかなか最近疲れてしまってブログが書けていないのですが、

これだけは伝わればいいなと思いまして。

 

2017年4月期のドラマ『リバース』と『小さな巨人』のキャスト・スタッフのみなさんに、「本当にありがとうございました」と。

 

私はこの4月から新入社員として働きはじめ、

慣れない仕事と環境に緊張・苦悩しながら日々を送っていました。

 

家に帰れば家族がいるので、家族に色々話すことでストレス発散にもなっていたのですが、上記2つのドラマには、本当に救われていました。

 

 

まず、『リバース』。

毎回がドキドキの展開でした。原作は読んだことがなかったので、まったく分からないまま見ていましたが、回を追うごとに次の放送日が待ちきれなくなっていました。

素晴らしい役者さんの演技で、それぞれの登場人物の感情がよく伝わってきました。

金曜日を楽しみに、お仕事頑張れました。

リバースは、お仕事ドラマではないから直接悩みの解決につながったわけではありませんが、少しでも仕事のことを忘れ、「楽しい」「わくわくする」と思える時間を過ごせました。

物語に入りこめたからこそ、だと思います。

私の心を軽くしてくださって、本当にありがとうございました。

キャスト・スタッフのみなさんに、心からありがとうと伝えたいです。

 

 

 

そして、次に『小さな巨人』です。

大好きな岡田将生くんが出演するからという理由で一話を見てみたらドハマりしました。

私は警察官ではないし、自分の職場がこのドラマに似ているというわけでもありません。

でも、ずっと長谷川さん演じる香坂をはじめとする、”正義”を追い求める登場人物たちに勇気をもらっていました。

会社に入る前、社会に出る前まではわからなかった不条理が、この世にはたくさんあるのだということを4月の入社以来目の当たりにし、正直よくわからなくなっていた時期に、このドラマに出会えたことは、本当に良かったと思っています。

戦い続ける、というのは本当に難しいし、戦ったからといって必ず勝利があるわけでもないけれど、それでも信じることを貫きたいと思わせてくれました。

本当に、ありがとうございました。

素晴らしい演技に、ほれぼれしていました。

 

 

ありがとうございました。

この気持ちが、少しでもドラマを作ってくださった方々に届くといいなと思いながら。