stargazer

読書好きな社会人のひとりごと/全然関係のないことも

【読了】E.ゾラ『居酒屋』

いつか読みたいとずっと思っていた本を読みました。

 

本当に、自然主義の小説だから当たり前なのかもしれないけれど

リアル、でした。

 

これほどどの登場人物も好きになれなかったのも珍しい(笑)

グージェがせめてもの救いか、と思ったけれど、最後の方はそのグージェも

結局なんだったんだろうなあと。

 

ジェルベーズは最初こそ頑張ってるじゃん、と好感が持てたものの(洗濯場の件かのシーンとかね)、どんどん崩れていく様子が悲しかったです。

貧困、って本当に恐ろしい。本当の貧困の怖さは、物質的な困窮ではなく、精神が蝕まれていくところにあるんだろうなと思いました。

 

もちろん時代背景はあるにしろ、ランチエとクーポーは情けなさすぎる!

もっと言えば、本当にクズすぎる!

でも現代でもいるよなあ、こんな人。

だからこそ読み継がれるのだと思いますが。

 

何とも言えぬやるせなさと、圧倒的なリアリティの凄みを読後に感じた一作でした。